スーツの男女

メリットをよく考えて会社を作る

これから東京で会社設立を検討している場合、まずは事前に準備しておくべき項目を整理しておくことが必要となります。会社設立をする際に、現状のまま個人経営で事業を続けた場合と比べて、ファイナンス上メリットがあるかどうかも十分に比較検討しておくことが重要となります。事業を会社にすることで、税制面でメリットがある場合もありますが、事業規模等によっては、損失が大きくなってしまうこともあるので注意が必要となるでしょう。

設立経費を節約するとよい

会社を設立する際には、事業資金を準備しておくだけではなく、会社設立のための法人登記費用等の経費を考えておくことが重要となります。また、会社定款作成や法人の印鑑作成、会社設立登記申請の代行費用等も用意しておくことが必要となるので、ある程度まとまった資金を準備しておくことが求められます。東京には登記申請を代行している事務所も多いので、なるべく費用が安い所を見つけて依頼すると費用負担も軽くなるので、事業資金を圧迫しなくなるでしょう。

法人のほうが取引の際に信用してもらえる

東京にはたくさんの株式会社等がありますが、インフラが整備されている地域ということもあって、営業上は会社を置く地域としてはメリットが大きいでしょう。名刺に東京都内の営業所の住所が記載してあるだけで、会社の信用度は大きくアップするとも考えられます。会社設立によって、取引先からの信用度も上がってくるので、営業上も法人化しておいた方が良い場合が多いでしょう。事業を拡大して社員と雇用するようになってきた時なども、個人事業をしている場合と比べて、会社設立をしている方が、スムーズになります。

レンタルオフィスなどを利用するとよい

東京で会社設立をする際に、しっかりとした事務所を用意しなければいけないと考えている人が多いですが、最初はレンタルオフィスなどを利用する方法もあります。レンタルオフィスでも会社登記することが出来るところもあるので、名刺にはしっかりと東京都心部の住所を記載して、取引先にアピールをすることが出来るでしょう。最初のころはレンタルオフィス等を利用して営業をすることで、会社営業上の経費を大幅に削減されることが出来るという利点があります。事業をどんどんと拡大していきたいと考えている人は、東京都に営業所を置いていたほうが、営業上はかなりメリットが大きくなるでしょう。事業の拡大や社員の雇用拡大に併せて、徐々にオフィスを大きくしていくようにすれば、無理なく会社を成長させていくことが出来ます。東京都内はオフィスビルの数も多いので、会社設立には無理している立地と言えるでしょう。

広告募集中